治療の特長

しのろ山田歯科では、患者さまの「かかりつけ医」として、特長ある治療を展開しています。
患者さまの負担が軽く、かつ、長期的な視野にもとづいた治療を行えるように、ドクター・スタッフ総員で努力しております。

「癒される」最優先 ストレスフリーな医療をめざす

院内内観

病院にかからなくてすむ、健康づくりのお手伝いがしたい。この思いでこの数年間患者さまに向き合わせていただいてきました。
歯を削って詰めて、歯ぐきの治療を一時的にして、それで一旦落ち着いても根本的な解決にはなっていません。
歯を削る→神経を取る→歯を抜く。または、一生懸命歯磨きをしていたのに知らないうちに内部で歯槽膿漏がすすんでいて、いきなり歯を抜くと言われる。
この悪循環から患者さまに抜け出していただきたい。
できるだけ長く、自分の歯で健康な生活を送っていただきたい。
当院では、患者さまが「癒される」ことが最優先と考えています。
治療によって癒される、ドクターやスタッフの応対によって安心して癒される、安心できる環境によって癒される‥患者さまにとってストレスのない医療、それが理想です。

「DualityDentist」構想について
患者様が、地元にいながら、安心して高度な医療を受けていただくにはどうしたらよいか。
その考えから構想中なのが、「歯科だけでなく、全身の健康を考える-Duality Dentist」というスローガンです。
深いつながりのある「歯」と「全身」を2重に診ることで、患者さまの健康を守りたいという想いを込めています。
そして、ゆくゆくはその考えを共有する他医院・他業種連携ネットワーク「Duality Dentistネットワーク」を考えています。
当院を最初の入口としながら、提携歯科・大学病院との連携によって、より治療の選択肢を広げます。
また、「より快適に医療を受けていただく環境を整える」「通院の不便を解消する」などの観点から、各種セミナー講師・タクシー会社等、他業種との連携も将来的に考えております。

DualityDentistネットワークイメージ図

専門性の高い治療 口腔外科・口腔内科

どんな病気でも、難しい症例の場合には、専門医のいるより設備の整った大学病院へ…というご紹介がされることがあります。
歯科も同様で、そういった治療は「口腔外科」および「口腔内科」の経験豊富な医師が担当します。
当院では、北大口腔外科に在籍するドクターに週4回ほどの頻度で出勤していただき、ドクターの技量としては大学病院相当の診療・治療ができる環境を作っております。

また、その診察を支える設備面も整備を進め、かつては処方できなかった薬を処方したり、検査を実施したりができるようになってきました。
地元密着型の医院だからこそ、「ここに来れば大丈夫」と思ってもらいたい。そのために、専門性を高め、効果的な治療を行うための改善を日々続けています。

  • 阿部医師
  • 院内内観

口腔外科・内科って?

口腔外科とは
口腔(口の中)、顎(あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる疾患に対して治療を行います。
歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患があり、交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患も含まれます。
このような疾患が原因で食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じることがあります。
治療を行うことで口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができると思われます。
そのお手伝いをするのが口腔外科です。
口腔内科とは
患者さんの口腔(口の中)だけに視点を向けず、全身的背景を考慮した口腔疾患の診断と治療を目的とし、外科的なアプローチを主体とせずに口腔の医療にあたるものと定義されます。
超高齢社会の日本では、全身的な疾患を持つ患者さんも多くみられるため、そのような患者さんに対応していくことも重要です。
口腔内の疾患は口腔内だけの病変のほかに、皮膚疾患や全身疾患の部分症状が口腔内に発症することもあり、口腔内の疾患は口腔だけでなく全身的な観点から診断と治療を考える必要があります。
口の中だけではなく全身をみながら治療を行うのが口腔内科です。

阿部 圭吾 口腔外科・口腔内科医

阿部 圭吾 口腔外科・口腔内科医

2007年
3月 北海道大学歯学部卒業
4月 北海道大学病院勤務(研修医) 口腔診断内科学教室(旧 第一口腔外科)入局
2008年
4月 北海道大学歯学部大学院 口腔診断内科学教室・細胞分子薬理学教室 入学
健生会 篠路山田歯科 非常勤勤務(2012年3月まで)
2012年
3月 北海道大学歯学部大学院 卒業 歯学博士号取得
4月 日鋼記念病院 歯科口腔外科 勤務
6月 北海道大学病院勤務(医員) 口腔診断内科学教室
2013年
4月 健生会 篠路山田歯科 常勤勤務
所属学会
・日本口腔外科学会
・日本口腔科学会
・日本歯科心身医学会

義歯の経験豊富 保険治療でもしっかり噛める義歯を

できるだけ長く自分の歯を維持して、幸せな暮らしを送っていただきたい‥
しかしどうしても治療が必要であったときには、可能な限り経済的にも負担にならないお手伝いをしたい。
しのろ山田歯科では、保険診療内での義歯のご相談を重視し、患者さまが快適な生活を続けるためのお手伝いをしております。

保険義歯は作り方、使用する材料が決められていますので、対応できる症例に限界もございますが、当院ではその中でもできる限り「使い勝手の良い義歯」を提供できるように心がけております。
院長は長年、近隣の老健施設などに往診に出向いて、御高齢の方への診療に携わっております。
そのため義歯作製に携わる機会も多く、保険義歯については以前から研鑽を重ねております。是非一度ご相談下さい。

  • 山田院長
  • 治療イメージ

義歯のご相談について

相談風景

篠路で長く開院しているということや、老健施設への訪問診療を長年行っている経験から、年配の方のご相談を受けることも多く 義歯に関しては難しい症例と言われるケースも扱ってまいりました。
できる限り、保険治療の範囲ですいつきの良い総義歯、見た目や使い勝手にも配慮した義歯を提供できるよう努めておりますので、困っていることがあれば遠慮なくご相談ください。

お電話は011-771-0300

  • 札幌市北区篠路6条5丁目158
  • 診療時間
    平日 10:00~13:30
    15:00~19:30
    土曜 10:00~13:00
    14:00~17:00
    日曜 10:00~13:30

    ※土日診療対応

駐車場拡大